署名200万人超...高まる性搾取チャットルーム加入者の身元情報公開を求める声
署名200万人超...高まる性搾取チャットルーム加入者の身元情報公開を求める声
  • 徐台教(ソ・テギョ) 記者
  • 承認 2020.03.23 12:33
  • コメント 0
記事を共有します

メッセンジャーアプリで多数の女性の性的搾取物を販売していたチャットルーム「n番部屋」や「博士の部屋」事件で、映像を購入するなど同チャットルームを利用していた人々の身元情報公開を求める声が高まっている。

署名者は合計で400万人に肉薄

3月20日、韓国の青瓦台(大統領府)の国民請願コーナーに登場した「テレグラムn番部屋加入者全員の身元情報公開を望みます」という請願には23日午後0時現在、約154万人の署名が集まっている。

一方、18日に設置された「テレグラムn番部屋容疑者の身元情報公開とフォトラインに立たせてください」という請願にはやはり約224万人の署名が集まっている。「フォトラインに立たせる」とは、検察に調査のため召喚される際、建物の入口の前でメディアに囲まれ、素顔で写真撮影とインタビューに応じることだ。

これらの署名は、昨年末から韓国のメディアで話題になり、3月19日の「博士の部屋」運営者の逮捕により韓国社会で大きな話題を呼んでいる、女性を脅迫・強要した性的搾取物をダウンロードしたり購入した人々の情報を公開せよと要求するものだ。

青瓦台(大統領府)の国民請願ページのキャプチャ。「テレグラムn番部屋容疑者の身元情報公開とフォトラインに立たせてください」に約224万人の署名が集まっている。
青瓦台(大統領府)の国民請願ページのキャプチャ。「テレグラムn番部屋容疑者の身元情報公開とフォトラインに立たせてください」に約224万人の署名が集まっている。

「n番部屋」、「博士の部屋」の「部屋」というのは、インターネットのメッセンジャーアプリ「テレグラム」上に作られたチャットルームを指す。ロシア製の「テレグラム」は情報の秘匿性が高い点に着目し、運営者や利用者ができるだけ隠密に事を運ぼうとしたものだ。

なお、「n番」というのは該当する部屋が1から8に分かれていたことから名付けられたものだ。韓国メディアによると、「n番部屋」の場合、最大で26万人の利用者がいたことが分かっているし、「博士の部屋」は有料会員が1万人に及んだことが警察により明らかになっている。

請願の中身は

請願の中には厳しい言葉が並ぶ。前者の請願には「今回のテレグラムを通じた未成年、特に児童に対する性犯罪は絶対に再発してはならない驚愕すべき、醜悪な犯罪であることに疑いがない」、としながら「しかし、今回の犯罪は韓国で必ず再発するだろう。あのチャットルームに加入した26万人の購買者がどんな処罰も受けないからだ」と請願の理由を述べた。

さらに、「管理者、供給者だけをいつも処罰しても意味がない。もちろん、管理者や供給者に対する処罰もしっかりとされないでしょうが」と当局を非難しつつ、「こうした形態の犯罪は、需要者が存在し、需要者の購買行為に対する処罰が無い限り、必ず再発する。別の犠牲者が生まれる」と主張した。

そして、「テレグラムのチャットルームにいた加入者全員が性犯罪者でだ。幼い女児を相手にした残酷な性犯罪の現場を見ながら、傍観しただけでなく、そんな犯罪コンテンツを見ながら興奮し、同調し、自分も罪を犯してみたいと胸を躍らせた、そんな虫唾が走る加入者全員が性犯罪者だ。潜在的な性犯罪者ではなく、そのまま性犯罪者だ」と強く訴えた。

その上で、「私たちは知る必要がある。国が子供たちを児童性犯罪から守ってくれないのならば、情報を知ってこちらから避けられるように、『n番部屋』加入者全員の身元情報を残らず公開してほしい」とし、「こうした反人倫的で人の道に背く犯罪の前で、犯罪者の人権保護が名簿公開の妨げにならないようにしてくれることを切に願う」と結んだ。

請願署名が200万人を超えたというのは、文在寅政権発足後、請願掲示板が設置されて以降、初めてのことだ。30日の間に20万人以上の署名を集めた請願には、政府や青瓦台の責任者(長官・次官級)が公式に答えることになっている。

(ソウル=聯合ニュース)19日、ソウル中央地検で逮捕状審査を受けた後、ソウル警察署に戻るチョ某氏。「嫌疑を認めるか」、「被害者たちに言いたいことはあるか」などの報道陣の質問には無言を貫いた。
(ソウル=聯合ニュース)19日、ソウル中央地検で逮捕状審査を受けた後、ソウル警察署に戻るチョ某氏。「嫌疑を認めるか」、「被害者たちに言いたいことはあるか」などの報道陣の質問には無言を貫いた。

警察は「一度でもダウンロードしたら処罰」

それでは、こうした身元情報の公開や「フォトラインに立たせること」は可能なのか。警察は23日までに、「n番部屋」や「博士の部屋」をはじめとする「テレグラム」による性犯罪を行った124人を検挙したと発表している。

警察の立場は、「処罰」と「身元情報公開」で分かれる。まず、「博士の部屋」の有料会員は「共犯」であり、処罰の対象となるという立場を明かしている。

複数の韓国メディアは「お金を払い、未成年者の性搾取映像を見た有料会員は、犯罪に積極的に加担したものと見られる。『博士の部屋』で違法な映像を一度でもダウンロードした者は無条件で処罰の対象となる」という警察高官のコメントを伝えている。

ただ、単純に「サンプル映像」を見ただけの者は処罰の対象にはならないというのが韓国メディアの見方だ。

一方、身元情報公開にいては、主犯格と利用者によって分かれるようだ。「博士の部屋」運営者のチョ某氏の年齢、顔などの公開について、ソウル警察庁は24日の会議でこれを決めるとしている。やはりほとんどの韓国メディアが、有料会員全員の身元情報公開は難しいと報じている。

なお、「フォトラインに立たせること」については、「見せしめが過ぎる」との批判の中、昨年10月に検察改革の一環として廃止されていることから、実現の可能性は無いと見られる。


関連記事