[全訳] 文在寅大統領就任3周年特別演説(2020年5月10日)
[全訳] 文在寅大統領就任3周年特別演説(2020年5月10日)
  • The New Stance編集部
  • 承認 2020.05.10 11:35
  • コメント 0
記事を共有します

20年5月10日、文在寅大統領は就任3周年を迎え、特別演説を行った。新型コロナウイルス感染症が拡散する中、韓国の未来ビジョンについて語った。韓国政府も非公開翻訳を配布したが、翻訳は本紙が独自で行った。
20年5月10日、青瓦台(韓国大統領府)で演説する文在寅大統領。KTVよりキャプチャ。
20年5月10日、青瓦台(韓国大統領府)で演説する文在寅大統領。KTVよりキャプチャ。

文在寅大統領就任3周年特別演説(2020年5月10日)

尊敬する国民の皆さん、

就任3年になりました。

去る3年、ろうそくの念願を常に胸に抱き国政を運営してきました。公正と正義、革新と包容、平和と繁栄の道を歩こうとしました。毎日が薄氷の上を歩く心情でした。困難な時も多かったです。その都度、国民の皆さまが力と勇気をくれました。

国民たちが送ってくれた一途な支持と声援に限りない感謝を捧げます。残る2年、よりしっかりとした覚悟で国政に臨みます。任期を終えるその瞬間まで、国民と歴史に付与された使命のために、重い責任感で全力を尽くします。

国民の皆さん、

私たちは今、全世界的な激変のただ中に立っています。見えないウイルスが世の中を丸ごと変えています。私たちの日常を根本的に変化させ、世界の経済を前例のない危機に追いやっています。各国の経済社会構造はもちろん、国際秩序まで巨大な変化を呼んでいます。

避けたくとも避けられません。正面からぶつかって突破する道しかありません。「天は自ら行動する者を助く」と言います。非常な覚悟と勇気で危機を突破していきます。

さらに危機を機会(チャンス)にしてみせます。「機会は探す者のものであり、挑戦する者のもの」とも言います。

国民と共に賢い道を探し、大胆に挑戦します。今の危機を新たな機会と発展の原動力とします。私たちの目標は「世界の中の大韓民国」を超えたところにあります。私たちの目標は「世界を先導する(リードする)大韓民国」です。私たちが念願した新しい大韓民国です。

私たちはすでに防疫で世界を先導する国になりました。K防疫は世界の標準になりました。大韓民国の国家的な位相と国民の自負心はどの時よりも高まっています。

防疫当局と医療陣の献身、数多くのボランティアの自発的な参加、連帯と協力の精神を遺憾なく発揮した国民の力です。私たちは国民の力で防疫の前線を堅固に死守し、ウイルスとの戦争に勝ってきました。国内の状況が安定化の段階に入り、防疫と日常が共存する新たな日常に転換しました。

しかし私たちはコロナ以前に戻ったのではありません。今回の遊興施設での集団感染は、たとえ安定化の段階だとしても、人々が密集する密閉した空間であるならば、いつどこでも似たような状況が発生するという警戒心を呼び起こしてくれました。終わりが来るまで終わりではありません。最後までより警戒し、防疫の手綱を離してはなりません。

だからといって、怖がりその場に立ちすくむ理由もありません。私たちが油断さえしなければ、私たちの防疫体系はウイルス拡散を充分に統制し管理できます。予想できない集団感染が起きるとしても、私たちは迅速に対応する防疫・医療体系(システム)と経験を共に備えています。

新型コロナウイルスが完全に終息するまでには長い時間がかかることでしょう。多くの専門家たちが予想する第2波の大流行にも備えなければならない状況です。しかしその時まで日常への復帰を先延ばしにはできません。防疫が経済の出発点ですが、防疫が生計の問題まで解決してはくれません。

政府は長期戦に対する姿勢で新型コロナウイルスに手抜かり無く対処していきます。国民の皆さんも日常生活に復帰しながら、最後まで防疫守則をよく守っていただくようお願いします。防疫と日常が共にある新しい挑戦が成功するよう、力を合わせてください。

国民の皆さんが成熟した力をもう一度発揮してくれるならば、日常への転換も世界の模範になれると確信します。私たちはすでに私たちの防疫と保健医療体制が世界最高水準であることを確認しました。SARS(重症急性呼吸器症候群)とMERS(中東呼吸器症候群)の時の経験を生かし、対応体系を発展してきた結果です。防疫システムをより補強し、世界を先導する確実な「防疫1等国家」になります。

疾病管理本部を疾病管理庁に昇格させ、専門性と独立性を強化させます。専門の人員を拡充し、地域体系も構築し、地域に不足する力量を補完します。国会が同意するならば、保健福祉部に複数次官性を導入するつもりです。感染病専門病院と国立感染病研究所の設立も推進します。

公共保健医療体制と感染病に対応する力量を画期的に強化し、より安全な大韓民国を作っていきます。専門家たちが今年の秋または冬と予想する第2波の大流行に備えるにあたり、とても至急の課題です。国会の迅速な協力をお願いします。

国民の皆さん、問題は経済です。今の経済危機は100年前の大恐慌と比較されています。世界の経済は止まってしまいました。工場は生産を中断し、失業者が早いスピードで増えています。国境が封鎖され交流が遮断され、グローバルな供給網が崩壊し、世界の交易は急減しています。

大恐慌以降で最悪のマイナス成長に直面しました。底がどこにあるのは、終わりがいつになるのか誰も分からない状況です。

私たちの経済が受ける被害も実に莫大です。4月の輸出が激減しながら99か月ぶりに貿易収支で赤字を記録しました。観光・旅行、飲食・宿泊業から始まったサービス業萎縮が、製造業の危機へと拡散しています。比較的しっかりしていた基幹産業や主力企業さえも困難が増えており、緊急に資金援助を要請するケースが増えています。雇用への衝撃もまずます大きくなっています。

失業の恐怖は零細自営業者、非正規雇用者、日雇い労働者を超えて、正規雇用者と中堅企業、大企業の社員にまで全方位で拡散しています。

文字通り「経済戦時状況」です。この困難な状況に耐えておられる国民の皆さんに深い慰労の言葉を捧げます。政府は経済危機の克服にすべての力量を集中していきます。崖っぷちに立った国民の手を握ります。国民の生活と雇用を守るつっかえ棒となります。

政府は破格で迅速な非常処方としてGDPの10%を超える245兆ウォン(約21兆3000億円)を企業支援と雇用対策に投入しました。第1次、第2次補正予算についで、第3次補正予算も準備しています。今後あるであろうより強い衝撃にもしっかりと備えていきます。政府ができる資源と政策を総動員します。他の国よりも早いコロナ事態の安定と新しい日常の転換を、経済活力を高める転機とします。

消費促進と観光回復の時間表を早め、投資活性化に積極的に乗り出します。製造業が活力を取り戻せるよう支援を強め、萎縮した地域経済を浮揚させる対策も迅速に推進します。国民の皆さんも経済の主体として貿易守則を守りながら、消費と経済活動に活発に乗り出してくれるようお願いします。

防疫と同様に経済危機の克服も、国民が共に行ってくれるならば成功することができます。危機を克服するDNAを持った私たちの国民を信じます。政府は国民と共に経済危機の克服でも世界の模範となります。

尊敬する国民の皆さん、コロナ以降の世界経済秩序は決してバラ色ではありません。私たちはウイルスの前で国際社会の連帯と協力がいかに脆弱であるか生々しく見てきました。現実はとても厳重なものです。各自が生き残る自国中心主義がより広まるかもしれません。

今まで世界経済を発展させてきたグローバル化の中での分業秩序が脅かされています。開放と協力を通じ成長してきた私たちの経済にとっても、とても重大な挑戦です。危機を機会とできないならば、生き残ることができません。先制して未来に備える絶体絶命の時間です。

国民の皆さん、私は残る任期のあいだ、国民と共に国難克服に邁進しながら、危機を機会に変えていくことに全力を果たします。世界を先導する大韓民国の道を開いていきます。

一つ目に、先導型の経済をもってポストコロナ時代を開拓します。私たちはICT分野で優秀なインフラと世界1位の競争力を持っています。

バイオ分野の競争力と可能性も確認されています。非対面医療サービスとオンライン教育、オンライン取引、防疫とバイオ産業などポストコロナの産業分野で強みを持っています。人工知能、ビッグデータなど第4次産業革命における技術を結合させ、デジタル経済を先導する充分な力量を持っています。

革新的なベンチャーとスタートアップ企業が主力となり、世界を先導する「デジタル強国」として大韓民国を跳躍させます。システム半導体、バイオヘルス、未来型自動車など3大新成長産業をさらに強力に育成し、未来の稼ぎ頭を創出していきます。

大韓民国は世界で最も安全で透明な生産基地となりました。世界はこれから、安い人件費よりも革新する力量と、安心できる透明な投資先を選り好み始めています。私たちには絶好の機会です。

韓国企業のUターンはもちろん、海外の尖端産業と投資を誘致するために、果敢な戦略を推進していきます。大韓民国が「尖端産業の世界工場」となって、世界の産業地図を変えていきます。

二つ目に、雇用保険の適用を画期的に拡大し、国民就業支援制度を施行し、私たちの雇用安全網の水準を一段階高めます。失業と生計の脅威から国民すべての生活を守ります。

人類の歴史は危機を経る時、福祉を拡大し安全網を強化してきました。米国は大恐慌を経て社会保障制度の根幹を作り、韓国はIMF危機(アジア通貨危機)を経て基礎生活保障制度を前倒しで導入しました。今のコロナ危機は、依然として脆弱な韓国の雇用安全網をよりしっかりと構築することを要求しています。

すべての雇用者が雇用保険の恩恵を受ける、「全国民雇用保険時代」の基礎を築きます。

今もまだ加入していない低賃金の非正規雇用労働者の雇用保険への加入を早急に推進し、特殊雇用労働者、プラットフォーム労働者、フリーランサー、芸術家など、雇用保険の死角を早急に解消していきます。自営業者に対する雇用保険の適用も社会的な合意を通じ、漸進的に拡大していきます。

雇用安全網の拡充は、私たちの経済の躍動性のためにも必要な課題です。法と制度を整備し、雇用保険の対象を段階的に広げていきます。国会の共感と協力がとても重要です。立法を通じ支えてくれるようお願いいたします。

また、韓国型の失業扶助制度である「国民就業支援制度」を早急に施行します。国民就業支援制度は、低所得層、青年、零細自営業者などに対し、職業訓練などマッチング式に就業を支援し、求職を促進する手当など所得を支援する制度です。

雇用保険が一次的な雇用安全網だとするならば、国民就業支援制度は二次的な雇用安全網です。就業を準備したり長期失業状態にある国民たちのために、必ず必要な雇用安全網です。「経済社会労働委員会」の合意を経て国会にすでに法案が提出されています。国会が早急に処理してくれることを望みます。

三つ目に、雇用創出のための「韓国版ニューディール」を国家プロジェクトとして推進します。政府は新たな雇用を作り、国民に新たな機会を提供します。

韓国版ニューディールはデジタルインフラを構築する未来を先取りし占める投資です。5Gインフラの早期小袿とデータを収集、蓄積、活用するデータインフラの構築を、国家的な事業として推進します。

医療、教育、流通など非対面産業を集中的に育成し、都市と産業団地、道路と交通網、老朽化したSOC(社会インフラ)など国家基盤施設に人工知能とデジタル技術を結合させ、スマート化する大規模な雇用創出事業も積極的に展開します。

その過程で個人情報の保護はもちろん、医療と教育の公共性の確保という重要な価値が充分に守られるよう調和させていきます。政府は新たな雇用創出のために公共投資を拡大し、民間協力を強化していきます。

危機克服と共に先導型の経済に転換する土台を作っていきます。大胆で創意的な企画と、迅速で果敢な執行で、良質な可用を積極的に作っていきます。

四つ目に、人の命と安全を優先する、連帯と協力の国際秩序を先導していきます。私たちが防疫で世界に見せた開放、透明、民主の原則と、創意的な方式は世界的な成功モデルになりました。

私たちの社会全体が共に作り出したものです。奉仕し寄付する行動、連帯し協力する精神は大韓民国という国の格となり、国際的なリーダーシップの源泉となっています。

国際社会からの好評は、私たちの外交的な地平を大きく広げてくれました。韓国が国際協力の中心に立つことになり、G20、ASEAN+3など、多国間外交の舞台でも大韓民国の位相が見違えて高まりました。この機会を積極的に生かしていきます。

成功した防疫に基づき、「人間の安全保障(Human Security)」を中心にし、ポストコロナ時代の国際協力を先導してきます。今日の安全保障は伝統的な軍事安保から、災難・疾病・環境問題など安全を脅かす全ての要因に対処する「人間の安全保障」に拡張されました。全ての国家が連帯と協力で力を合わせてこそ対処できます。

東北アジアとASEAN、全世界が連帯と協力で、人間の安全保障という共通の目標に向かっていけるよう主導する役割を果たします。南と北も人間の安全保障で協力し、一つの生命共同体となり、平和共同体に向かうことを希望します。

尊敬し愛する国民の皆さん、

ウイルスとの苦しい戦争をたたかい、国民の皆さんは大韓民国を再発見し始めました。「私たちはすでに先進国となった」と言い始めました。私たちがついていきたかった国々が、私たちから学び始めました。私たちが標準となり、私たちが世界となりました。今や大韓民国の偉大さを話し始めています。

国民みずからが作った偉大さです。譲歩し配慮し、連帯し協力しました。危機の瞬間により強くなりました。国民が偉大でした。

国民の皆さんが本当に誇らしいです。危機は終わらず、より大きな挑戦が残っています。政府はより大きな責任感を持ちます。危機をもっとも早く克服した国となります。世界の模範となり世界を先導する国となります。新たな大韓民国として、世界の中にそびえ立ちます。

任期の最後まで、偉大な国民と共に大胆に歩んでいきます。

ありがとうございます。