与党の最高委員に24歳女性パク・ソンミン氏、李洛淵新代表が指名
与党の最高委員に24歳女性パク・ソンミン氏、李洛淵新代表が指名
  • 徐台教(ソ・テギョ) 記者
  • 承認 2020.09.01 16:56
  • コメント 0
記事を共有します

韓国の与党・共に民主党の最高委員に、24歳の大学生が指名され話題を呼んでいる。同党の革新を引っ張る存在になるか注目される。

8月31日、韓国の与党・共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)新代表は、同党の最高委員の一人にパク・ソンミン氏を指名した。

最高委員というのは、党の方針を決める最高委員会に参加する党の最高位職で、共に民主党では選出職として5人、指名職として2人が充てられている。パク氏は同党史上最年少の最高委員となる。

今年24歳で高麗大学を休学中のパク氏は、去年8月に同党が創設した初代の青年報道官にオーディションを通じ選ばれた人物だ。

青年、大学生、そして女性という立場から、中高年男性が指導部を占める党に対し「所信を曲げず」(過去の本人のインタビューより)意見を出し続けてきた。

与党・共に民主党の最高委員に指名されたパク・ソンミン氏。同氏のフェイスブックより引用。
与党・共に民主党の最高委員に指名されたパク・ソンミン氏。同氏のフェイスブックより引用。

例えば国会で「青年基本法」が議論される時や、「n番部屋事件」などデジタル性犯罪が取り上げられる時に「青年報道官の論評」を発表することで存在感を発揮してきた。

この日、同党のチェ・イノ主席報道官はパク氏について「青年を代表するだけでなく、青年報道官としての力量も高く評価される人材」、「青年そして女性として、ジェンダー問題に機敏かつ迅速に対応することができる長所がある」と説明した。

今回の人事は、8月30日に同党の全党大会によって新代表に就任した李洛淵氏によるものだ。

同代表は指名の理由について、31日の記者懇談会の席で「青年と女性が党の意思決定プロセスに参加できるよう制度を作るという、私が繰り返してきた約束を履行するもの」と説明した。

​​​​​​聯合ニュースによると、パク氏は「初めは驚いた」としながら、「今後は青年が感じる痛みと、女性が受ける問題に対し、指導部の一員として堂々と話をしていきたい」と抱負を明かした。

 

 


関連記事