韓国の女性家族部が初の「性平等フォーラム」を開催(9/3~4)
韓国の女性家族部が初の「性平等フォーラム」を開催(9/3~4)
  • 徐台教(ソ・テギョ) 記者
  • 承認 2020.09.01 18:54
  • コメント 0
記事を共有します

韓国政府が、新型コロナウイルス拡散に伴い、女性に焦点を当てた大規模な国際フォーラムを開催する。オンラインで日本からの視聴も可能だ。

韓国の女性家族部は8月31日、「性平等とコロナ19(新型コロナウイルス)危機」をテーマとする『2020大韓民国性平等フォーラム』を開催すると発表した。

「性平等フォーラム」のバナー。女性家族部ホームページより。
「性平等フォーラム」のバナー。女性家族部ホームページより。

女性家族部によると、今回のフォーラムは「『北京行動綱領』採択25周年」と、「『国連安保理決議案1325号』採択20周年」を契機に開催するものとのこと。今後、この国際フォーラムを定期的に開催する計画と明かした。

「北京行動綱領(Beijing Platform for Action、1995)」
・北京で開かれた第4次世界女性会議で、189か国の政府代表などが参加し、国家的・地域的・国際的な次元で性平等の増進および女性の力量強化を目標とする行動計画と未来戦略を採択。
・政府政策に対する性主流化(Gender Mainstreaming)戦略の提示。

「国連安保理決議案1325号(UN Security Council Resolution 1325, 2000)」
・女性と平和・安全保障の関係性を基盤に、紛争地域での女性に対する性暴力の根絶、紛争解決過程での女性の参加拡大などを内容とする国連安保理決議案。

※女性家族部の報道資料による。

韓国でも新型コロナウイルスが拡散している現状を受け、フォーラムはオンラインで行われる。女性家族部のYouTubeチャンネルを通じ生中継され、登録手続き無しで誰でも見ることができる。


フォーラムを説明する女性家族部のYouTube動画

フォーラムの主題は大きく二つ。まずは「コロナ19の危機が女性に及ぼす影響とその克服方案」で、二つ目は「グリーン・ニューディールとデジタル・ニューディールにおける女性の参加と役割」というものだ。

前者はより世界的に共通な議題である一方、後者は今年7月に韓国政府が発表した国家政策における女性の役割を論じる、韓国についての議題といえる。

フォーラムの発表者たちも多彩だ。国連女性機構のアニタ・バティア副総裁やカナダのジャクリーン・オニール女性・平和・安保大使などが参加する。

詳しい情報は女性家族部のフォーラム専用ホームページで確認できる(韓国語)。
http://www.mogef.go.kr/kgef/kor/main.do

なお、会議は韓国語と英語の同時通訳で行われる。女性家族部のYouTubeチャンネルは以下の通り。
https://www.youtube.com/user/mogefamily

 


関連記事