ロシアが台風被害の北朝鮮に小麦2万5000トンを支援
ロシアが台風被害の北朝鮮に小麦2万5000トンを支援
  • The New Stance編集部
  • 承認 2020.09.14 16:55
  • コメント 0
記事を共有します

朝鮮半島では今年7月から9月初旬にかけて、集中豪雨と台風による水害が各所で起きている。特に被害が大きいとされる北朝鮮に対し、ロシアが支援物資を送った。
北朝鮮・平壌にあるロシア大使館。同大使館facebookページより引用。
北朝鮮・平壌にあるロシア大使館。同大使館facebookページより引用。

今月12日、在北朝鮮ロシア大使館はFacebookページを通じ、ロシアが北朝鮮に小麦2万5000トンを支援したことを表明した。

小麦は北朝鮮西部の南浦(ナムポ)港に向け運送されており、後に仕分けされるとのこと。なお、乗組員も新型コロナウイルス感染症対策として二週間隔離されるという。

一方、北朝鮮側も今回の支援に対し深い謝意を表明したと、ロシア大使館側は明かしている。

今回の出来事を報じた韓国メディアによると、ロシアは今年5月にも北朝鮮に対し2万5000トンの小麦を、今回と同様のルートを通じ支援している。また昨年、ロシアは世界食糧計画(WFP)を通じ、北朝鮮に約8000トン(約800万ドル相当)の小麦を支援したとした。