1月13日の「慰安婦訴訟」判決が弁論再開決定により延期、判決は3月24日以降に
1月13日の「慰安婦訴訟」判決が弁論再開決定により延期、判決は3月24日以降に
  • 徐台教(ソ・テギョ) 記者
  • 承認 2021.01.11 10:42
  • コメント 0
記事を共有します

日本政府に賠償を命じた今月8日の慰安婦訴訟判決に続き、その結果が注目されていた裁判の宣告日が突如延期となった。
京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)市の『ナヌムの家』にある、亡くなった元'慰安婦'女性たちの胸像。聯合ニュース提供。
京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)市の『ナヌムの家』にある、亡くなった元'慰安婦'女性たちの胸像。聯合ニュース提供。

1月13日午後2時にソウル中央地裁で予定されていた、元'慰安婦’女性およびその遺族ら原告20人が日本政府に損害賠償を求めていた「慰安婦訴訟」の宣告が延期となった。ソウル中央地裁が11日朝、弁論再開の決定を下したことによる。同日、裁判所側は日本政府にこの旨を公示送達した。

弁論再開の理由について、ソウル中央地裁側は本紙の電話取材に対し明確な返答をしなかった。一方、原告弁護側は本紙の電話取材に「このような重要な裁判で、判決2日前になってこのような決定をするのはあり得ないこと。理由についても聞いていない。後日知らせるとの連絡があったがいつになるかは分からない」と明かした。

次回の弁論期日は3月24日午後2時に予定されている。判決はそのさらに先になる見通しだ。


関連記事