[全訳] 大韓民国と美合衆国間の相互防衛条約(米韓相互防衛条約、1953年10月1日調印、1954年11月18日発効)
[全訳] 大韓民国と美合衆国間の相互防衛条約(米韓相互防衛条約、1953年10月1日調印、1954年11月18日発効)
  • The New Stance編集部
  • 承認 2021.03.19 02:22
  • コメント 0
記事を共有します

※(編集部注)いわゆる「米韓同盟」の基幹となる条約の全文訳を紹介する。韓国の国家法令情報センターに掲載されている韓国語条約文を翻訳した。なお、韓国では米国を美国と表記する点に留意されたい。
1953年8月、ソウルで行われた条約の仮調印式で握手する卞榮泰(ピョン・ヨンテ)韓国外交部長官とJohn Foster Dulles米国務長官。韓国国家記録院より引用。
1953年8月、ソウルで行われた条約の仮調印式で握手する卞榮泰(ピョン・ヨンテ)韓国外交部長官とJohn Foster Dulles米国務長官。韓国国家記録院より引用。

●大韓民国と美合衆国間の相互防衛条約

本条約の当事国は、すべての国民とすべての政府と平和的に生活しようとする希望を再確認し、また太平洋地域における平和機構を強固にすることを希望し、当事国のどちらか一国が太平洋地域において孤立しているという幻覚をいかなる潜在的な侵略者も持たないよう、外部からの武力攻撃に対し自身を防衛しようとする共通の決意を公然と、また正式に宣言することを希望し、また太平洋地域においてより包括的で効果的な地域的安全保障組織が発達するまで平和と安全を維持しようと集団的防衛のための努力を強固にすることを希望し、次のように合意する。

第1条
当事国は関連するかもしれない、いかなる国際的な紛争においても、国際的平和や安全と正義を危うくさせない方法で、平和的な手段により解決し、また国際関係において国際連合の目的や、当事国が国際連合に対し負担する義務に反する方法で、武力で脅かすことや、武力の行使を止めることを約束する。

第2条
当事国のうち、どちらか一国の政治的独立または安全が外部からの武力攻撃により脅威をうけていると、どの当事国であろうが認定する時に、いつでも当事国は互いに協議する。当事国は単独的でも共同でも、自助と相互援助により武力攻撃を阻止するために適切な手段を続け、強めていくだろうし、本条約を履行し、その目的を推進する適切な措置を協議と合意の下に取る。

第3条
各当事国は他当事国の行政支配下にある領土と、各当事国が他の当事国の行政支配下に合法的に入ったと認める今後の領土において、他当事国に対する太平洋地域における武力攻撃を自国の平和と安全を危うくさせるものとして認め、共通の危険に対処するため各自の憲法上の手続きに従い行動することを宣言する。

第4条
相互的合意により美合衆国の陸軍海軍と空軍を大韓民国の領土内とその付近に配置する権利を、大韓民国はこれを許し、米合衆国はこれを受諾する。

第5条
本条約は大韓民国と美合衆国により各自の憲法上の手続きに従い批准されなければならず、その批准書が両国によりワシントンで交換された時に効力を発生する。

第6条
条約は無期限に有効だ。どの当事国でも、他の当事国に通告した1年後に本条約を終止させることができる。

以上の証拠として下記の全権委員は本条約に署名する。

本条約は1953年10月1日にワシントンで韓国文と英文で二通が作成された。

大韓民国のために卞榮泰
美合衆国のためにJohn Foster Dulles

【美合衆国による了解事項(1954年2月1日に反映)】
いかなる締約国もこの条約の第3条の下では他方国に対する外部からの武力攻撃を除いては、それを援助する義務を持つものではない。また、この条約のいかなる場合にも大韓民国の行政的な管理下に合法的に存置することと、美合衆国により決定された領域に対する武力攻撃の場合を除いては、美合衆国が大韓民国に対し援助を提供する義務を負うものと解釈されてはならない。

以下は英文。

Mutual Defense Treaty between the Republic of Korea and the United States of America

The Parties to this Treaty, 

Reaffirming their desire to live in peace with all governments, and desiring to strengthen the fabric of peace in the Pacific area, Desiring to declare publicly and formally their common determination to defend themselves against external armed attack so that no potential aggressor could be under the illusion that either of them stands alone in the Pacific area, Desiring further to strengthen their efforts for collective defense for the preservation of peace and security pending the development of a more comprehensive and effective system of regional security in the Pacific area, Have agreed as follows: 

Article 1 The Parties undertake to settle any international disputes in which they may be involved by peaceful means in such a manner that international peace and security and justice are not endangered and to refrain in their international relations from the threat or use of force in any manner inconsistent with the purposes of the United Nations, or obligations assumed by any Party toward the United Nations. 

Article 2 The Parties will consult together whenever, in the opinion of either of them, the political independence or security of either of the Parties is threatened by external armed attack. Separately and jointly, by self-help and mutual aid, the Parties will maintain and develop appropriate means to deter armed attack and will take suitable measures in consultation and agreement to implement this Treaty and to further its purposes. 

Article 3 Each Party recognizes that an armed attack in the Pacific area on either of the Parties in territories now under their respective administrative control, or hereafter recognized by one of the Parties as lawfully brought under the administrative control of the other, would be dangerous to its own peace and safety and declares that it would act to meet the common danger in accordance with its constitutional processes. 

Article 4 The Republic of Korea grants, and the United States of America accepts, the right to dispose United States land, air and sea forces in and about the territory of the Republic of Korea as determined by mutual agreement. 

Article 5 This Treaty shall be ratified by the United States of America and the Republic of Korea in accordance with their respective constitutional processes and will come into force when instruments of ratification thereof have been exchanged by them at Washington. 

Article 6 This Treaty shall remain in force indefinitely. Either party may terminate it one year after notice has been given to the other Party. 

IN WITNESS WHEREOF the undersigned plenipotentiaries have signed this Treaty. 

Done in duplicate at Washington, in the Korean and English languages, this first day of October 1953. 

FOR THE REPUBLIC OF KOREA: 

/s/ Y. T. Pyun 

FOR THE UNITED STATES OF AMERICA: 

/s/ John Foster Dulles


関連記事